これからの高尿酸血症について考えてみる

体のためにできる高尿酸血症についての知識

DNAやRNAの代謝の過程では、プリン体という成分が生成されます。

そして、プリン体の最終的な産物は尿酸と呼びます。

尿酸は体の中では老廃物であり、作られたのだとしても排出する必要があります。

体の中では尿酸を排出するために、肝臓から尿中に排出して体内の蓄積を調整します。

一部は大便からも排出されますが、小便からが殆どかと思います。

体の中では、尿酸が生成され排出され体の体調を保つようにできていますが、異常により蓄積された尿酸の量が多くなると高尿酸血症と呼ばれる病気になります。

高尿酸血症に陥ると何が悪いのか?

高尿酸血症になるとどのような感じになるのか??と感じる人もいるかもしれませんが、当然体に変調が起こるのでいけないです。

例えば、関節炎になったり、尿道結石、肝障害を起こす可能性もあり、注意が必要なのです。

また、生活習慣病の一種である痛風を伴う可能性もあります。

痛風は本当に辛くて、風が当たるだけでも痛いと言いますから、高尿酸血症にはならないに越した事はないでしょう。

ちなみに高尿酸血症と痛風は同じ意味で捉えられる事もある程に、関連性が深いです。

なので、痛風になりたくないのであれば、高尿酸血症にはならないようにするべきですよ。

高尿酸血症の原因のは、白血球や慢性の肝臓病が影響しているといわれています。

また、薬の副作用でも起きると言われていますが、いまだに明確な原因はわかっていないようです。

ただ、遺伝的要因も強く関係しているようで、家族に症状を持っている人も注意が必要です。

その他、肥満や食事の不摂生でも起きるらしいです。

実際に1960年の高度経済成長期から男性の発症率が高いらしく、その時代を生きた40代から50代の男性に多く見られるらしいですね。

食生活の安定や経済的な要因と引き換えに蔓延したとも言えます。

ちなみに、女性はホルモンにより尿酸血排出作用を持っており、症状が見られる人は少ないといいます。

けれど、更年期に達した女性には意外と多く、女性であっても注意が必要になるとの事ですよ。

余裕のある生活を営むためには、健康がとても大切です。

中には太く短く生きる事を念願においている人もいますが、やっぱり将来を見据えた普段から健康でいられる生活をしていきたいですよね。

 

 

血中尿酸値と薬について

正常とされる血中尿酸血の値は、医師により若干の違いあるようです。

一般的には7.0mg/dl以上が高尿酸血障害だと決められるようですが、7.5mg/d付近であれば、痛風などの病気を引き起こす事は殆どないと言います。

けれど、当然、それ以上になれば痛風の危険性が伴いますし、9.0mg/dlになれば、薬の服用を余儀なくされてしまいます。

ちなみに、痛風を患っている患っていない関係なく、体内の尿酸を抑える薬や尿酸の排出を促進させる薬を服用しなければなりませんので、覚えておいて下さいね。

処方される薬は医師の判断により、適切なモノを渡されますが、服用は一生続ける事になるらしいです。

また、服用しても定期的な尿酸の測定をして、体の管理に勤めなくてはなりません。

なぜならば、急激な尿酸の低下は、反対に痛風を誘発させてしまう事に繋がるからだそうです。

やっぱり、体というのは突如として変化を加えると負担が大きいようで、少しずつ慣らしていく事が大切なのかもしれませんね。

得に海外出張をする人などは、体との相談上で赴任する時期を決めると良いかと思います。

海外生活では何かと体調を崩しやすいですし、国内で医師に掛かるよりも医療費が高くなる可能性もありますからね。

そして、血中尿酸値が正常になったからと言って、薬の服用はやめずに医師の相談しながら服用感覚を決めて下さい。

生活サイクルがめちゃくちゃになり、薬の服用感覚などが適当にならないようにするのも注意したいところですね。


更新情報

ページ上に戻る